HOME

「 CGL125 あれこれ」ホームページ

header2017_002
header2016_002
header2017_003
header2017_004
header2018_001
header2018_002
header2018_003
header2018_004
header2018_005
header2018_006
header2018_007
header2019_001
header2019_002
header2019_003
header2019_004
header2019_005
header2020_001
header2020_002
header2020_003
header2021_002
header2021_003
header2021_004
previous arrow
next arrow

ブログ「 CGL125 あれこれ」の記事からカテゴリーごとに抜粋、閲覧しやすいよう一覧としてまとめました。

下記リンク先ページがそれぞれの記事一覧になっています


エンジン・車体関連

・エンジン関連(ローラーカムフォロアーや内圧コントロールバルブ、キャブレターなど)
・車体関連(サスペンションやブレーキなど)

電装系・その他

・電装系(ヘッドライトなど灯火類・アクセサリー電源など)
・その他(アクセサリーなど上記以外)

仕様や互換パーツに関する情報


おすすめの記事

数ある記事の中から多くのバイクに使えそうなおすすめの記事をピックアップしました。


「 HONDA CGL125 」について

HONDA CGL125 イメージ

中国五羊ホンダで製造された125ccのバイク「HONDA CGL125」は南米のチリホンダで販売された輸出車で、中国国内で販売された「WUYANG HONDA WY125-F」とほぼ同じもののようです。
車体は「WY125」系列、エンジンはOHV形式の「CG125」と多くの互換性があり、それらのパーツが流用できることで一部修理やメンテナンスが可能となっています。
ちなみに以前日本国内で販売された「CB125JX(JC09)」と外観が似てはいますが、エンジンや車体構成・電装の違いからパーツ類の互換性はほとんど無いと考えてよいでしょう。

日本ではごくわずかな台数しか販売されなかった上に、OHVエンジンや前後ドラムブレーキ、妙に派手なカラーリングということで敬遠されたためか、末期は大幅に値引きされていました。
今現在運良く?中古車を見つけたとしてもマイナーな輸入車ゆえに日本国内のバイク屋さんではアフターサービスや修理対応などを期待することはできませんし、オーナーの数が少ないこともあり情報もほとんど出てきませんので安易に手を出すべきではないでしょう。
しかし過去のホンダ車や現行のバイクと共通な部分も少なからず見受けられるので、自分で調べなんとかする気力と時間があれば、パーツ類はタオバオなど海外ショッピングサイトなどを利用して互換品を入手することは可能なので維持することはできるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました